知財取引価格に新ルール 日米欧、国境またぐ節税に網:日本経済新聞




日米欧主要国は多国籍企業の知的財産の取引価格に共通ルールを導入することで合意する。企業がグループ内での知財取引の価格をわざと低くして節税するのを防ぐ狙い。新ルールでは知財の将来の推計利益から取引価格を算定する。実際の利益が推計を上回れば追徴課税することも検討する。日米欧など34カ国が加盟する経済協力開発機構(OECD)が9月に打ち出す多国籍企業への課税強化策に盛り込む。

引用元: 知財取引価格に新ルール 日米欧、国境またぐ節税に網:日本経済新聞.

この共通ルールは、実際の利益が予想利益を上回れば、追徴課税をするということで、米国に導入されている所得相応性基準(Commensurate With Income Standard)のようなものだと考えられます。

OECDは「後知恵的」であるということで、批判的な立場をとっていましたが、所得相応性基準よりも有効な対策を打ち立てる事はしていませんでした。

日本の移転価格税制は、OECDの考えをベースとしているので、今後税制改正されることが予測されます。

企業に多くの負担を与え、予測可能性を損なうという問題点のあるこのようなルールを導入するという背景は、日本からの税金の流出が止められないという現状があるようです。

今後、どのような改正がなされるのか要チェックですね。

ジュリスト2014年6月号では、今後の国際課税制度について特集されています。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA