【スライドでわかる】なぜ発生主義の原則ではなく、実現主義の原則なのか




スライド1 スライド2

▲「実現主義の原則」とは、企業外部の第三者に財貨又は用益を提供し、その対価として現金又は現金同等物の受領の時点で収益を計上することを要請する収益認識原則である。

スライド3

▲今日の企業会計における損益計算は、企業の業績指標となる期間損益の計算を目的とする。このため損益計算は信頼できる確実で客観的なものであることが必要であるために、「実現主義の原則」採用されている。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA