MIND THE GAP

シンプルにギャップを楽しもう。

【スライドでわかる】なぜ発生主義の原則ではなく、実現主義の原則なのか

calendar

スライド1

スライド2

▲「実現主義の原則」とは、企業外部の第三者に財貨又は用益を提供し、その対価として現金又は現金同等物の受領の時点で収益を計上することを要請する収益認識原則である。

スライド3

▲今日の企業会計における損益計算は、企業の業績指標となる期間損益の計算を目的とする。このため損益計算は信頼できる確実で客観的なものであることが必要であるために、「実現主義の原則」採用されている。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT ME

小峰 崇弘<br>こみね たかひろ

小峰 崇弘
こみね たかひろ



MBAを取得したファミリースキーヤー。

スキーやったり、ビール飲んだり、旨いもの食べたり、フェスに行ったり、税理士試験の勉強もする。最近は、ほぼ育児。

娘(2017.9.2誕生)のために半育休生活に入る。自分の事をイクメンとかパパとか呼ぶ日が来るのだろうか・・・

「ありのまま」もいいけれど、何かと比べた時の「ギャップ」を埋めたり、広げたりするのも楽しいよ。

ギャップを楽しむライフスタイルを人柱的に提案し、良いモノの紹介、お金との付き合い方をサポート致します。 [詳細]