【クラウド勉強術】自習するときの持ち物




image

重いテキストを持ち歩くことなく、どのように勉強しているか紹介します。
勉強するときの持ち物は以下の通りです。

  • タブレット(Apple / iPad Air 2)
  • 電卓(CASIO / S100)
  • ペンケース(grein / スタンドアップペンケース)
  • 計算用紙(レポート用紙、コピー用紙など)

①タブレット(Apple / iPad Air 2

image

テキスト、問題集、授業プリントなど全てをPDFファイル持ち歩きます。
B5サイズのテキストだと若干見づらくなるので、携帯性を重視のiPad miniから、iPad Air 2に買い換えました。その後更iPad Pro (10.5インチ)に買い替えました。

Link  : Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) 

②電卓(CASIO / S100

image

商売道具なので、CASIOが本気を出したS100を使ってます。ワンランク上の電卓です。このキータッチに慣れてしまうともう他の電卓は使えません。

Link :  カシオプレミアム電卓 S100

③ペンケース(grein / スタンドアップペンケース

image

立つペンケースは色々ありますが、こちらは倒れないペンケース。
iPhoneスタンドにもなる優れものです。

④計算用紙

手書きメモアプリを使って電子化したいところですが、レポート用紙だったり、コピー用紙だったり、これは完全にアナログです。
ただ、理論の暗記は、手書きではなくiPadにBluetoothキーボードを接続して、Evernoteに書きまくりました(詳細は別記事で…)。

⑤タイマー・時計(Canon/CT-30)

image

廃盤になってしまったこのモデル。残念ながらアラーム音オフ機能がついていなかったので、裏蓋を開け、配線を切断するという荒技に…。その後、dretec(ドリテック) 学習用デジタルタイマーに買い替えました。

Link : dretec(ドリテック) 学習用デジタルタイマー

【After Word】

最低限の持ち物の紹介でした。それぞれの詳しい使い方については、これからまとめていきたいなぁと思っております。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA