【クラウド勉強術】裁断したテキストをスキャンしよう!




IMG_1436

テキストや問題集をクラウド化して持ち歩こうシリーズ第二弾は、《STEP2》スキャンするです。

《STEP1》裁断する
《STEP2》スキャンする
《STEP3》OCR認識する
《STEP4》クラウドに保存する
《STEP5》タブレットに読み込む

スキャンする方法

まずは、どうやってスキャンするかまとめてみます。

1.裁断したついでにキンコーズでやってもらう
2.職場の複合機でこっそりする
3.スキャナを買う

こんなところだと思います。
1の場合、全てやってくれるので、ラクではありますが、基本料金が900円〜なので、コスパがいいとは言えません。

2に関しては、個々の事情があると思うので、言及は避けます。

というわけで、3のスキャナを買ってスキャンする方法を以下で説明していきます。

 

こんなスキャナ使ってます

IMG_2630 ちょっと前のモデルで、もう生産中止になっている「ScanSnap S1500 : 富士通」を使ってます。
最近発表のあったScanSnap Cloudには未対応なので、そろそろ買い換えたいところです…  

今買うなら、ScanSnap iX500これ一択!

スキャンするときのポイント

実際の細かい設定などは、めんどくさいので割愛しまして、以下のすばらしサイトを参照してください。

基本的にテキストは、1冊そのままスキャンして、ひとつのファイルにします。
問題集巻末に解答編がある場合は、「問題」と「解答」を分けて、別のファイルとして保存してください。使い勝手が向上します。(実際の使い方については、別記事で)  

この段階で、ScanSnapを利用しEvernoteと連携している場合には、既にタブレットで閲覧することができます。
しかし、テキストビューワーとしてのEvernoteは、使い勝手がいいとはいえないので、ひと手間加えます。

それでは《STEP3》OCR認識するに続きます。  

 

【Today’s Instagram】







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA