テキストや問題集を、iPadに入れて勉強する方法【裁断してスキャンとアプリ】




Kindleなどの電子書籍が一般的となった今、テキストや問題集だってiPadで読みたいですよね。

でも、電子書籍に対応しているテキストや問題集は、まだまだ少ないのが現実です。

「iPadで勉強するメリットとデメリット」「実際にテキストや問題集をiPadに入れる手順」を紹介します。

この記事を書いている僕は、税理士試験の受験生で、簿記論と財務諸表論に合格し、酒税法の勉強をしています。(2020年9月現在)

受験学校の教材は、紙に印刷されたもので、電子版は基本的に用意されていません。そこで、財務諸表論と簿記論の教材は、全て自分で電子化して、iPadで見れるようにしたのです。

実際にiPadで勉強するには、次のような手順が必要です。

  1. 必要なもの(iPad、Apple Pencil、スキャナー)を買う
  2. 裁断する(本をバラバラにする)
  3. スキャンして、iPadに表示させる

こんなことしてないで、「1問でも多く問題を解くべきだ」という意見もあると思います。

僕も、すべての教材をiPadに入れるべきだとは思っていません。

時間やコストをかけても、メリットのあるもを優先的にiPadに入れていきましょう。

メリットとデメリット

【メリット①】荷物が軽くなる

テキストや問題集を持ち歩くのは大変ですよね。

それがiPadひとつになるので、めちゃくちゃ身軽です。

テキストを間違えたり、忘れることもなく、精神的にも安心です。

【メリット②】スキマ時間を活用できる

iPadを持っていれば、いつでもどこでも勉強できます。

カフェでも、電車でも、職場でも・・・

アプリを開くだけなので、勉強を始めるハードルが圧倒的に下がるのです。

【メリット③ 】アプリを使って自由に書き込みや検索できる

「iPad」と「Apple Pencil」を用意して「GoodNotes 5」というアプリを使って、この環境を手に入れましょう。

このアプリは、テキストに書き込むだけでなく、空白のページも追加できます。

手書きの文字だけでなく、写真も挿入できるので、オリジナルテキストも簡単に作れるのです。

そして検索機能を使えば、関連する用語をすべてリストアップできるので、勉強効率もアップ

【デメリット①】コストと時間がかかる

必要なものをすべて購入した場合、10万円程度かかってしまいます。

メルカリなどで中古を安く手に入れるもありです。ちなみに、僕の今使っているiPadも中古。

そして、裁断する時間、スキャンする時間も必要になります。

上記のメリットに魅力を感じなかったら、紙ベースのテキストをそのまま使ったほうがいいですね。

【デメリット②】電源を気にする

すべてがiPadにあるため、iPadの電池残量を気にしましょう

1日くらいは、充分使えますが、モバイルバッテリーをひとつ持っていると安心。

モバイルバッテリーと充電器がひとつになるものがオススメです。

Link : Anker PowerCore III Fusion 5000(PD対応)
Link : Anker PowerCore Fusion 5000

【デメリット③】 気が散る

余計な通知はオフに設定しましょう。

特にSNSやYouTubeやアマゾンプライムは、入れてあっても別のホーム画面にするなど、視界に入らないようにするのもありです。

iPadは娯楽も充実しているので、心を強く持たなければなりません。

揃えるもの

タブレット / iPad

Appleの公式サイトで2020年5月現在発売されているものは、基本的にどれでもOKです。

主に勉強用に買うのであれば「iPad」「iPad Air」、動画編集や本格的にイラストを描くなら「iPad Pro」、Kindleで本を読むだけなら「iPad mini」辺りがおすすめ。

Link:Apple iPad

僕が実際に使っているのは、iPad Pro 10.5インチ。
Apple公式では既に販売終了していますが、中古で購入しました。
性能と価格のバランスの取れた、必要十分なモデルです。

Link : Apple iPad Pro10.5

スキャナー/ ScanSnap

紙の本をiPadに入れるには、紙からPDFというデータにする必要があります。
ここでスキャナーの出番です。

価格は、2万円〜6万円くらいで、勉強用なので最新モデルじゃなくても大丈夫。
おすすめは、これも僕が使っているScanSnapのiX1500。

Link:PFU ScanSnap iX1500

《STEP1》 裁断する

そうだ、キンコーズに行こう!

オンデマンド印刷サービスを提供している「kinko’s(キンコーズ)」を利用しています。
5分ほどで、巨大な電動裁断機でバッサリやってくれます。
近くにキンコーズがない場合や大量に裁断する場合は、最近は価格もこなれてきた裁断機を買っちゃいましょう。

Link >> プラス 裁断機 自炊 A4 コンパクト PK-213 26-366

なぜキンコーズなのか

僕は裁断機を購入してません。
裁断機を購入せず、キンコーズを利用する理由は・・・

  • 裁断機が高い(だいぶ安くなったけど)
  • 裁断機を置く場所がない(だいぶコンパクトになったけど)
  • 職場の近くに店舗がある(ちょっと歩くけど)
  • 座って待ってるだけで、裁断してもらえる(勉強時間の確保)
  • 安くはないけど適正な価格(1cmまで100円程度)

ちなみに、キンコーズで「裁断お願いします」と言うと、「断裁ですね?」って聞き返されます。
裁断」は紙・布・革など全般で、「断裁」は、紙だけらしいっす。

裁断が終わったらやること

その場で全てのページが、確実に切れているか確認してください。
切り残しがあると、データ化するときに紙詰まりを起こして、途中で止まったり、紙がグチャグチャになったり、結構残念な気分になります。本の質や店員さんによって差があるので、必ずチェックしましょう。

《STEP2》 電子書籍化(PDF化)しよう

テキスト・問題集をデジタルデータ(PDF)に変換する方法は、3パターンあります。

1.裁断したついでにキンコーズでやってもらう
2.職場の複合機でこっそりする
3.ドキュメントスキャナを買う

1の場合、キンコーズに全てを任せるので、最も簡単で間違いない方法です。
ただ、基本料金が900円〜なので、多くのテキスト・問題集があるときは、ちょっとコストがかかってしまいます。

2に関しては、個々の事情があると思うので、言及は避けます。

というわけで、3のスキャナを買ってスキャンする方法を以下で説明していきます。

スキャンするときのポイント

テキストと問題集でスキャン方法を変えています。

  • 『テキスト』1冊そのままスキャンして、ひとつのファイルにする。
  • 『問題集』巻末に解答編がある場合は、「問題」と「解答」を別ファイルにする。

ScanSnapを利用しEvernoteと連携している場合には、既にタブレットで閲覧することができます。
ただ、Evernoteのテキストビューワーとしての性能はイマイチなので、別のアプリを使ってます。

ScanSnapは「検索可能なPDFにします」という設定ができます。
このチェックは必ず入れておきましょう。
キーワード検索ができるようになり、調べ物がはかどります。

《STEP4》 クラウドに保存する

どのクラウドサービスを使っているのか?

色々あるクラウドサービスその中で、特にオススメしたいのは、EvernoteGoogleドライブです。
このふたつは、有料プランに登録して、かなりヘビーに使っています。 いかにヘビーに使っているかは、また後日・・・

なんでもかんでもGoogleドライブへ

Googleドライブ内に「スキャンしたもの」フォルダをつくり、ジャンル分けなど細かくせず、スキャンした全てのデータを保存します。フォルダで管理をしないので、わかりやすいファイル名をつけましょう。

<ファイル名の具体例>
・簿記_上級トレーニング1_問題.pdf
・簿記_上級トレーニング1_解答.pdf
・簿記_厳選個別問題集.pdf
・財表_理論テキスト.pdf

このように「科目_テキスト名_問題or解答)」という、簡単なルールを設定しています。 「上級トレーニング」は、前半が問題編後半が解答編となっているので、「問題」と「解答」を別ファイルとしています。「厳選個別問題集」は問題の次ページにすぐ解答が載っているので、ひとつのファイルとしています。

《STEP5》 タブレットに読み込む

GoodNotes 5 を手に入れよう

このアプリは有料(980円、2019/11/22現在)になります。でも、これは買って損はさせません。
むしろ、買わないとはじまりません。

Link : GoodNotes 5 App store

テキストをダウンロードしよう

早速アプリを起動します。 GoodNotes 5 は、各種クラウドサービスと連携しているので、ダウンロードはとってもカンタンです。ダウンロードが完了したら、本棚に登録しましょう。

分かりやすく、「テキスト」という本棚を作ることをオススメします。 テキストが何冊かある場合は、この工程を繰り返します。