MIND THE GAP

シンプルにギャップを楽しもう。

【オトコの子育て】赤ちゃんのために買うべき家電たち【随時更新】

calendar

reload

2017年9月に娘が産まれ、本当にいろんなモノを買いまくりました。その中で本当に良かっモノのを厳選して紹介します。子育て中の人も、これからの人も、プレゼントとしても参考になるはずです!

スポンサーリンク

モノを買うときのルール

世の中には子育て世代をターゲットにしたモノで溢れかえってます。強い心を持たないと、物欲の波に飲み込まれてしまいます。

できる限りモノを増やしたくないので、わが家では購入にあたり、こんなルールを作っています。

一、夫婦の負担を減らすモノ

一、必要なモノを必要なときに

一、おしゃれだったらなおよし

このルールに則り、購入して実際使っているモノをご紹介します。

それでは、一気に紹介します!

賃貸の狭いキッチンにも食洗機を

厳密には引越祝いで買ってもらったこの食器洗い乾燥機。小型ながら必要十分の性能。さっと水洗いして入れるだけなので、子供がぐずったらすぐに駆けつけられます。食洗機の音は、寝かしつけに向いているとかなんとか。

オイルヒーターなら真夜中の授乳も寒くない

1LDKの賃貸マンションのわが家の空調は、ガス・灯油不可で、備え付けのエアコンのみ。夏場は、エアコンの設定温度26度で24時間ほぼつけっぱなしで、電気代が高くなりすぎることもなく快適に過ごしました。
冬場は、寝るときに暖房は空気が乾燥するので、夜間(22時から5時)はオイルヒーターに切り替えます

オイルヒーターは電気代が怖いので、マックスパワーでぽかぽかにとはいきませんが、22度をキープするくらいなら力を発揮してくれます。まさに陽だまりの暖かさ。置き場所によって効果が暖め能力がかなり変わってくるので、試行錯誤が必要になるかも。わが家の場合は、窓際に置くと調子いいです。

衣類乾燥除湿機があれば何回洗濯しても大丈夫

子供が産まれてから洗濯機を回す回数が爆発的に増加しました。吐き戻したり、うんちが漏れたり・・・。ちょっと天気が悪い日が続くと、ガーゼや下着が足りなくなるんです。ずっと部屋干しでやってきたので、生乾き臭も気になり出しました。

ずっと使っている洗濯機なので、乾燥機付き洗濯機に買い換える案もありましたが、やっぱり高すぎるので脚下。洗面所が広めだったので、突っ張り棒と衣類乾燥除湿機の組み合わせることにしました。

コンプレッサー式、デシカント式、ハイブリッド式など色々ある衣類乾燥除湿機。僕が選んだのは、経済的なコンプレッサー式でムーブアイ搭載型。このムーブアイは、なかなか優秀で、乾いてない所を狙って集中的に乾燥してくれます。

吸引力の変わらない掃除機は、子育てにも有効

コードレスですぐに使えるダイソン。最新モデルも良いですが、前のモデルをお得に買うのも有ですね。ダイソン使ってる横でもうちの娘は、爆睡です。笑

うんち出たらすぐに分かる空気清浄機

わが家はプラズマクラスター。効いてるかどうか分からないけど、フィルターにほこりは溜まるし、うんちしたら動き出すし、多分いいんだと思いますよ。加湿器と一体のモノは、ちゃんとお手入れをできる人以外買ってはいけません。カビ菌をばらまくことになります。

本当にお手入れ簡単な加湿器はこれ

水筒でオナジミ象印の、まさにに電気ポッドな加湿器。お手入れ簡単で加湿力も抜群。ちょっと音が大きいけど不快な電子音じゃないから良しとしてます。吹き出し口は暑くなるので、娘が動くようになったらちょっと心配。。。

また購入したら随時更新します。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT ME

小峰 崇弘<br>こみね たかひろ

小峰 崇弘
こみね たかひろ



MBAを取得したファミリースキーヤー。

スキーやったり、ビール飲んだり、旨いもの食べたり、フェスに行ったり、税理士試験の勉強もする。最近は、ほぼ育児。

娘(2017.9.2誕生)のために半育休生活に入る。自分の事をイクメンとかパパとか呼ぶ日が来るのだろうか・・・

「ありのまま」もいいけれど、何かと比べた時の「ギャップ」を埋めたり、広げたりするのも楽しいよ。

ギャップを楽しむライフスタイルを人柱的に提案し、良いモノの紹介、お金との付き合い方をサポート致します。 [詳細]